乳幼児健診

乳幼児健康診査とは

乳幼児健康診査とは乳幼児健診と略して呼ばれていることが多いのですが、正式には乳幼児健康診査です。乳幼児を対象にした健康診断で、「母子保健法」によって各自治体が公費で行うことが定められています。
受診の時期は、1歳6ヶ月と3歳の乳幼児健診が義務付けられていて、無料で受けられます。またそれ以外の時期については原則的に任意ですが、お住まいの市区町村によっては無料の乳幼児健診を受けられる場合があります。たとえば当院がある市川市では、3~6ヶ月児健康診査、9~11ヶ月児健診を無料で受けられます。

市川市の乳幼児健康診査

主な内容

主な内容発育や発達の妨げになる要因を早期に発見することを目的にしており、栄養状態の確認や育児相談なども可能です。下記のような内容の診察だけでなく、赤ちゃんを世話していて気になったこと、育児に関する不安やお悩みなどを医師に相談できる機会ですので、質問事項をあらかじめメモしておくと聞き忘れを防げて安心できます。

  • 全身の診察
  • 身長、体重、頭囲、胸囲の測定による発育のチェック
  • 月齢、年齢に相当する発達のチェック
  • 栄養、生活指導、事故防止の指導
  • 予防接種の進め方の相談
  • その他の相談

今回、予防接種はロタウイルスワクチンが定期接種に加わり、異なるワクチンの接種間隔に関する規定も改正されたため、スケジュールなどに関する疑問がある方も多いと思われます。ぜひご相談ください。

田村正徳医師による乳幼児健診

新生児医療の立ち上げに尽力され、新生児蘇生法(NCPR)の全国的な普及に取り組み、周産期医療の発展に貢献されてきた小児科専門医・指導医の田村正徳医師による乳幼児健診です。双子や三つ子などのお子様の乳幼児健診も可能です。
育児相談や今後の発達に関するご不安、生活習慣や癖など、気になることがあれば何でもご相談ください。

  •         オンライン診療
  • WEB順番受付
TOPへ