小児耳鼻科

小児耳鼻科

小児耳鼻科

小さいお子様が風邪を引いた時などに中耳炎を引き起こすことがよくあります。

成長過程にある子どもの器官は未熟で、耳と鼻をつなぐ耳管が短く太く、水平に近いため鼻から入った細菌が中耳に侵入して感染しやすくなり、中耳炎を発症してしまいます。

子どもの中耳炎の特徴

急性中耳炎

急性中耳炎は以下のような症状が現れます。

また、急性中耳炎にかかった後に、水が中耳に溜まってしまう滲出性中耳炎を起こすことがあります。
滲出性中耳炎は目立った症状がなく、聞こえ方に問題が起こってから気付くことが多く見られます。
以下のような症状がある場合は、早めに当院までご相談ください。

  • テレビの音量をいつもよりも上げて観る。テレビとの距離が近い。
  • 後ろから声を掛けられても気付かない。
  • 小声で話しかけられたら聞き返さないと分からない。

なお、滲出性中耳炎は完治までに時間がかかるため、根気が必要です。
地道に焦らず継続して治療を行うことが重要です。

風邪と副鼻腔炎(蓄膿症)

風邪と副鼻腔炎(蓄膿症)

風邪や鼻炎から急性副鼻腔炎を引き起こすことがあります。

急性副鼻腔炎は、しっかりと完治させないと慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になる恐れがあります。副鼻腔炎になると、鼻が詰まって口呼吸となり、不快感から集中力が低下するほか、あらゆる疾患のリスクとなります。

お子様の場合は、成長を妨げるほか学習にも影響を及ぼしてしまうため、早めに治すことが重要です。

風邪を引いて鼻水や鼻づまりが長く続いている場合や、鼻水が濃い場合は、速やかに当院を受診してください。

当院の耳鼻科診療

処置で心がけていること

鼻水をきれいに除去する処置には、痛みや強い刺激が伴うことがあります。
小さいお子様にとっては苦痛となり、次回の受診が難しくなる可能性があるため、当院ではなるべく痛みなどの苦痛を最小限に抑えることを心がけております。
副鼻腔炎は早期治療が非常に大切なため、お子様が病院嫌いにならないように努めております。
また、ネブライザー治療によって吸入する楽な治療もあります。
可能な限り短時間で処置を済ませ、早く鼻呼吸で快適に過ごせるように心がけております。

こんな場合もご相談ください

こんな場合もご相談ください

中耳炎や副鼻腔炎など耳鼻科診療に加えて、お子様の発育における健康や気になる癖など心配なことがありましたら、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

桜こどもクリニック本八幡
  • 都営新宿線「本八幡駅」徒歩1分
  • JR総武線「本八幡駅」徒歩3分
  • 京成本線「京成八幡駅」徒歩3分
  • 〒272-0021
    千葉県市川市八幡3丁目5番1号 本八幡キャピタルタワー1階
  • 047-323-8787 Google Map
  • 当院には駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用下さい。
  • 駐車場
 
祝日
9:00~12:00一般診療
14:00~15:30乳幼児健診・予防接種
15:30~18:00一般診療
  • 一般診療
  • 一般診療、小児循環器外来
  • 乳健、予防接種、3歳児健診
  • 田村医師乳幼児健診 (月1~2回)、小児循環器外来
  • 金曜日の午後一般診療は16:00から

休診日 … 土曜日午後、日曜・祝日

一般診療
祝日
9:00~12:00一般診療
14:00~15:30乳幼児健診・予防接種
15:30~18:00一般診療
  • 一般診療
  • 一般診療、小児循環器外来
  • 乳健、予防接種、3歳児健診
  • 田村医師乳幼児健診 (月1~2回)、小児循環器外来
  • 金曜日の午後一般診療は16:00から

休診日 … 土曜日午後、日曜・祝日

本院:市川駅より徒歩1分
桜こどもクリニック市川

本院サイトはこちら

TOPへ TOPへ