便秘外来

子どもの便秘外来

トイレをする子供便秘は、便が数日間でない状態、コロコロと硬い便のため出しにくい状態、残便感がある状態を言います。
小さいお子様は、消化機能が未熟なため、便秘になりやすいとされていますが、慢性便秘症診療ガイドラインでは、便秘を「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義しています。
子どもの便秘は、月齢や年齢・離乳食・トイレトレーニングなど生活環境や体格などによっても排便に変化が起こるため、判断が難しい面があります。
当院の便秘外来では、そのようなお子様の便秘などのお悩みに幅広く対応しております。
治療にあたっては、お子様や親御さんと相談しながら治療計画を決めていきます。
便を快適に排出できるようになることが目指しているゴールです。
お子様と親御さんが前向きに治療を進められるように、当面の治療目標を定めるなどしております。
また、ほとんどの便秘が一般的な便秘治療を行って、比較的短期間で完治できます。
なるべく便秘を放置せずに、まずは当院を受診してください。放置し続けると、腸内細菌叢の状態が悪化し、さらに硬い便が溜まるなど、治療が必要な段階へと病状が進行してしまいます。
また、腸疾患をはじめ、代謝・内分泌疾患などが原因だったり、服用中の薬剤の影響が原因だったりするため、便秘かな?と思ったらなるべく早めに便秘外来を受診ください。

こんな症状に気付いたらお気軽にご相談ください

など

お子様の状態を見極めた治療

適切な治療を行うために、便秘の原因となる疾患が隠れていないか、服用している薬剤の影響がないかどうかを確認していきます。
原因疾患がある場合は、適切な治療を行いながら、便秘を解消していきます。食習慣や便意の我慢などによる「行動」が影響して便秘になっている場合は、水分と食物繊維をしっかり摂取することと排便トレーニングが非常に重要です。
常にお子様の便秘の状態と経過観察を行い、なるべく負荷やストレスのかからない治療を心がけております。

当院の治療方針

褒められる子供当院の便秘治療は、お子様や親御さんの気持ちに十分配慮しながら行っております。
便秘治療の最終的なゴールは、良い便を快適に排出できるようになったと、本人やご家族が思えるようになることです。
生活習慣の改善や排便トレーニングは、お子様の症状や年齢・体質などによって異なります。
正しい排便習慣を身に着けるために、排便トレーニングを長期にわたって行う必要があります。
そのためにも、お子様にとっての小さな成功体験を積むことで、親子で治療へのモチベーションを維持していきます。
さらに、最終的な治療ゴールだけではなく、短期間で達成できる小さい目標を決めて行っております。
お子様の便秘でお悩みがありましたら、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

桜こどもクリニック本八幡
  • 都営新宿線「本八幡駅」徒歩1分
  • JR総武線「本八幡駅」徒歩3分
  • 京成本線「京成八幡駅」徒歩3分
  • 〒272-0021
    千葉県市川市八幡3丁目5番1号 本八幡キャピタルタワー1階
  • 047-323-8787 Google Map
  • 当院には駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用下さい。
  • 駐車場
 
祝日
9:00~12:00一般診療
14:00~15:30乳幼児健診・予防接種
15:30~18:00一般診療
  • 一般診療
  • 一般診療、小児循環器外来
  • 乳健、予防接種、3歳児健診
  • 田村医師乳幼児健診 (月1~2回)、小児循環器外来
  • 金曜日の午後一般診療は16:00から

休診日 … 土曜日午後、日曜・祝日

一般診療
祝日
9:00~12:00一般診療
14:00~15:30乳幼児健診・予防接種
15:30~18:00一般診療
  • 一般診療
  • 一般診療、小児循環器外来
  • 乳健、予防接種、3歳児健診
  • 田村医師乳幼児健診 (月1~2回)、小児循環器外来
  • 金曜日の午後一般診療は16:00から

休診日 … 土曜日午後、日曜・祝日

本院:市川駅より徒歩1分
桜こどもクリニック市川

本院サイトはこちら

TOPへ TOPへ